「Cyclotech イチカワ」の日記

脱サラしたおっちゃんが自転車ショップを始めました!はてさてどうなることやら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スチールフレームの下準備

スチールフレームの下準備について
SOMAのシクロクロス車を組みます。シクロクロスと名うっていますがオーナーはツーリング及び探検用に使われるみたいです。
先ずはBB タップを立てます。
P1020230_R.jpg
スチールフレームは塗装が乗っていることが多いのと、ロウ付けの際に歪むのか、BBタップは必須ですね。
続いてBBフェイスカットです。
P1020231_R.jpg
BBの端面がねじに対して平面になっていないことが多いのでフェイスカットします。アルミやカーボンフレームでも、フェイスカットできるものはなるべくやります。 はっきり言って、やってもやらなくても乗ってて気が付かないと思います。でも組み付ける時、BBシャフトがスッと入っていくんですよね。はい勝手なこだわりです。
 終わった後の写真です。
P1020233_R.jpg
BBねじの光っているところが削れたところです。BB端面(フェイスと呼んでます。)は塗装がなくなるぎりぎりを狙います。(全周に歯が当たった状態)削りすぎるとBB幅が狭くなるので確認しながらの作業です。
 続いてリヤエンドです。リヤメカ取付ねじにタップを立てます。
P1020228_R.jpg
ねじ山にのっていた塗料がごっそり取れてきます。
その後にエンド修正をします。 なぜか写真がありませんでした。
この後、ボトル台座などにタップを立てます。キャリアダボなどとりあえず使わないねじはタップを立てません。(錆びます)
 以上のような作業後に部品の組み付けに入ります。スチールフレームが一番手を入れるところが多いので、載せていますが、カーボンだろうがアルミだろうが基本的には同じ考え方でやっています。逆にカーボンフレームの高い奴の方が手を入れられるところが少ないです。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/19(木) 14:54:36|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

まろ

Author:まろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
開店まで (9)
イベント (3)
お知らせ (2)
日記 (7)
ツーリング (3)
作業 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。